SOHOや倉庫に店舗なら加瀬ダイレクトを普通のオフィスとしての利用

新規事業などの一時的な事務所として イメージ画像

新規事業などの一時的な事務所として。

個人の週末起業や法人のアンテナ事業など、継続するかどうかがわからないが、オフィススペースが必要なときはあるものです。しかし、探してみると、2年契約を前提としたオフィスばかりで、さらに、さまざまな初期費用を請求されます。

最近では仲介料半額、あるいは仲介料ゼロの物件も目にするようになりましたが、事務所や 店舗などの事業用物件では、まだまだ一般的ではありません。

「短い期間の利用にもっと柔軟に対応するオフィススペースはないのか?」

そんなときには加瀬ダイレクトをご利用ください。